文教堂ファンⅢ

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

空にむかってともだち宣言

読書感想文

空にむかってともだち宣言を読んで「あらすじ」「感想文」簡単にまとめてみました。

2017/08/05

あなたは、外国から来たともだちをかばえますか?

お疲れ様ですヒガシクワンです。今回は、読書感想文課題図書 空にむかってともだち宣言 茂木ちあき作 ゆーちみえこ絵を読んであらすじ、感想文、簡単にまとめてみました。このブログを読んでいただいて読書感想文のヒントになれば思います。がんばりましょう!4337336281

動画 そらにむかってともだち宣言

サイトを見る

空にむかってともだち宣言 あらすじ

主人公あいりが住むアパートに外国人が引っ越してきました。国は、ミャンマーらしい。
あいりと同級生の女の子もいました。
同じ学校に通うことになり同じクラスになりました。

 

ミャンマーからの同級生の名は、ナーミンという名前だった。
ナーミンは料理がとても上手だった。
ナーミンとあいりはクラス委員になりました。

 

給食の時間にクラスの男の子勇太がナーミンに難民キャンプでは、
1日1食だから食べなくていいんじゃないかと言った。
航平の兄がそのような事をいってたらしい。

 

雄太が難民だからやせてると言う。
あいりが、がまんができなく、勇太をけとばした。
国語の時間を変更して、世界の国々の勉強になりました

 

ナーミンたちをつれてきた、ゴンさんが、
難民とはどのようなことかを説明しました。
学習発表会があり、ミャンマーの踊りバガンダンスをやることになる。

 

ナーミンのお母さんも呼ぶことになった。
クラスのみんなは、ダンスの練習をしました。
発表会の当日もダンスで盛り上がりクラスもまとまった。

 

空にむかってともだち宣言 感想文

あいりは、ナーミンとその弟たちと仲良くしました。
小学生にしては、すごく偉いとおもいました。
給食の時間あいりが、ナーミンをかばったのは、
すごく頼もしかったです。

 

日本人は、あまり難民のことを知りません。
世界難民地図で勉強したいです。
日本史、世界史も大事ですが、このようなことを、
もっと声を大にするべきだと思いました。

 

ナーミンのお父さんは、新聞記者で、警察に束縛され、
大けがをして帰ってきたみたいです。
自由な発言も許されません。
同じ地球に生まれてきたのにほんとうにかわいそうです。

まとめ

以上空にむかってともだち宣言を読んで「あらすじ」「感想文」簡単にまとめてみました。

最後まで閲覧ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-読書感想文