文教堂ファンⅢ

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

耳の聞こえないメジャーリーガー

読書感想文

耳の聞こえないメジャーリーガーウイリアム・ホイを読んであらすじ感想文簡単にまとめてみました

2017/08/09

ウイリアム・ホイがいなけれは野球はつまらないものになっていただろう

広告 耳の聞こえないメジャーリーガーウイリアムホイ

お疲れ様ですヒガシクワンです。今回は、読書感想文課題図書 耳の聞こえないメジャーリーガーウイリアム・ホイ ナンシー・チャーニン文 ジェズ・ツヤ絵  斉藤洋訳を読んであらすじ感想文簡単にまとめてみました。彼がいなけれは野球はつまらなかっただろう。

動画 耳の聞こえないメジャーリーガーウイリアム・ホイ レビュー

耳の聞こえないメジャーリーガーウイリアム・ホイあらすじ

ウイリアムは、小さいころから野球が大好きでした。
おかあさんが、食事の合図をしても、もう少し練習したいとノートに書きました。

ウイリアムは、耳が聞こえません。
ろう学校の野球選手になりたかった。

チームキャプテンからは、背が小さすぎると言われました。
それでもめげずに毎日いっしょうけんめい練習をしました。

学校を卒業すると、くつの修理店ではたらきはじめました。
近所の野球チームから誘いがきました。

ウイリアムは、もちろんチームに入りました。
当時は、手話ができる人がいませんでした。
野球の世界でも同じでした。

チームを転々としました。みんなウイリアムの悪口を言います。
ある日の試合で、自分の打席で3球続けてボールになったと思ったら、
じつは、ストライクでした。

審判の声が聞こえないので、三振になったことに気づかず
そのままバッターボックスに立っていました。

ようやく気づいたウイリアムは、泣きたいところをぐっとこらえ
バッターボックスをあとにしました。

ダッグアウトに帰り、ポケットに手をつっこむと、おかあさんの手紙でした。
ウイリアムは、手紙の返事を書かなくてはと、思いました。

そのときひらめきました。
審判にストライクとボールのジェスチャーを
絵にしたものを審判に見てもらいました。
すると審判は、なるほどこれはいいと言いました。

ストライクは右手、ボールは左手、観客も審判のジェスチャーを見れば、
今の球はストライクかボールかすぐわかるようになりました。
ウイリアムは、作戦を伝えるサインもチームメイトに教えました。

そして記録をたくさん作りスター選手になりました。
ウイリアムのおかげで、観客も野球がわかりやすくなりました。

 

耳の聞こえないメジャーリーガーウイリアム・ホイ感想文

耳が聞こえないということで、たくさんいじめを受けてきました。
いじめにも負けず野球を続けてきたことが、ほんとうにすごいと思いました。

ウイリアムのおかげで、審判のジャスチャーでストライク、ボールがわかるようになりました。
他のチームにわからないように、サインを考え出したのもすごいと思いました。

部活で野球をやってる方にぴったりな作品だと思います。
チームメイト、監督、先生がサインを出す時や審判がストライク、ボールと
ジャスチャーする時は、ぜひウイリアム・ホイを思い出して欲しいです。

ウイリアムが、いなかったら今の野球はどうなっていたのだろうと思います。
最後まで読んで一番驚いたことは、ウイリアムは私と誕生日が同じでした。

まとめ

いかがでしたか?
野球の審判のジェスチャー、チームへのサインなどを
考えた人物になります。

最後まで閲覧ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-読書感想文