文教堂ファンⅢ

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

自由研究

自由研究100均ペットボトルカバーの保冷力が苦戦か?

2017/08/23

5種類の素材で凍ったペットボトルを保冷する

お疲れ様ですヒガシクワンです。今回は、夏休みの宿題自由研究の紹介です。500ミリのアクエリアスを冷凍庫で凍らせて5種類の素材で巻きどれが1番保冷力があるか実験してみました。100均ペットボトルカバー、保冷シート、新聞紙、濡れタオル、タオルでやってみました。どれが1番冷えたままかな?

10分で準備OK

今回はちょっと涼しい28.4℃でスタートしました。10分で準備OKとコメントしていますが、ペットボトルは、前日から冷凍庫で冷やします。

 

100均で購入のペットボトルカバー

 

新聞紙 保冷カバーになります。保冷カバーは、この前ケーキ屋で買い物した時に巻かれていたものです。

 

ぬれタオルとタオルになります。

 

1位は保冷シート 100均ペットボトルカバー大苦戦・・・。

4時間ちょっと経ちました。気温は2度アップ。湿度は少し上がりました。

第1位

保冷カバー

 

2位

新聞紙

 

ぬれタオル

 

タオル

 

1位保冷シート

2位新聞紙

3位ぬれタオル

4位タオル

5位100均ペットボトルカバー

でした。保冷シートは、ケーキ屋さんからいただいたものです。
さすがプロ仕様?って感じです。

100均のペットボトルカバーが一番最初に溶けてしまいました。
内側がアルミ仕様なものだと大丈夫もしれません。

新聞紙が2位なんてすごいです。想定外です。

まとめ

溶けた液体を表現するのが難しく、あまり違いがわかりにくいと思います。実際は中の氷の量の目視で選びました。
以上自由研究100均ペットボトルカバーの保冷力が苦戦か?

最後まで閲覧ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-自由研究