文教堂ファンⅢ

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

レジャーガイド

秋の京都をガイドする!おすすめムック本をJTB、まっぷる、朝日新聞社、成美堂など比較!

            

どのコースを行くか悩む今が一番楽しい?

お疲れ様ですヒガシクワンです。今回は、秋の京都をガイドしたムック本の紹介です。JTB、まっぷる(昭文社)、朝日新聞社、成美堂(せいびどう)と各社紅葉を中心としたガイドを出版しています。真っ赤な紅葉の写真を多数使用していて、眺めてるだけでも、心が癒されます。

動画 秋の京都をガイドする。おすすめムック本!

写真だけでもきれいな秋の京都のムック本です。

JTBになります。「るるぶ」のロゴが無いのは、なぜ?

 

まっぷる(昭文社)になります。道路地図で有名な出版社です。

 

朝日新聞社出版になります。表紙の黒がシックです。

 

成美堂出版(せいびどう)になります。

 

一番コンパクトなのは成美堂出版

JTB、まっぷる、朝日新聞社、成美堂を重ねてみると、成美堂が一回り小さく、他3冊は同じサイズになります。携帯性にすぐれています。

 

JTB、まっぷるはやっぱり似ていた

上がJTB、下がまっぷるです。表紙をめくった状態です。まず、電子版の袋とじコードがあり、コンパクトな京都の地図の位置といい、「るるぶ」「まっぷる」の関係とほぼ同じです。似たところが多いです。

まっぷるの電子版は、スマートフォン以前のガラケー時代から開始しています。当時は画期的でした。

朝日新聞社のみ880円+税 JTB、るるぶ、成美堂出版は、800円+税

値段も、ほぼ同じでますます悩んでしまいます。

お好きなものをどうぞとしか言えないです。

店頭でも、お客様が、各社比較しながら、選んでいる光景が多いです。それだけ悩みます。

まとめ

販売期間が短いので大量には、刷っていません。店頭に来て、また来週でいいやと思ったら、次に来たときは無くなってる可能性があります。

この時期は、手帳、家計簿、カレンダー等と年末年始商品がひっきりなしに入荷する時期ですので、夏が終わって秋の京都フェアを始めたと思ったら、年末年始商品の入荷量によっては、秋の京都フェア撤去、または、奥のコーナーに移動など、バタバタしています。

以上秋の京都をガイドする!おすすめムック本をJTB、まっぷる、朝日新聞社、成美堂など比較!でした。

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

 

 

 

 

関連コンテンツユニット



-レジャーガイド