アルファ―ドヴェルファイア

トヨタVELLFIRE ALPHARDブログレビュー

アルファ―ド30系後期SタイプゴールドⅡ納車されました。

2021/08/24

30系ヴェルファイアZGエディションからアルファードSタイプゴールドⅡに乗り換えました。

納期は5月上旬に契約して7月上旬に納車なので約2か月でした。

値引きも満足できるものでした。

 

残価クレジットで3年終了なので3年前に契約した時に次は40系のヴェルファイアに乗りかえかと思いました。

しかしヴェルファイアは消滅してアルファード1本になると言うじゃないですか。

ヴェルファイアはゴールデンアイⅡのボディーカラー白と黒に整理されアルファードとカタログが一緒になってしまいました。

 

という訳で40系がなかなか発売されないのでアルファードのSタイプゴールドⅡに乗りかえました。

以前のヴェルファイアがZGエディションだったので今度のアルファードはSCパッケージにする予定でした。

それだと内装がまるまる一緒なのでスエード生地のシートとブラックの天井色のSタイプゴールドⅡに魅力を感じました。

 

グレードダウンした分安くなりましたが、モデリスタのエアロパーツやマフラーを装着したのでSCパッケージより高額になってしましました。

これからモデル末期の30系アルファードをこれから購入する方にためになる記事になればと思います。

Amazon楽天でアルヴェルのパーツや本を調べる

YouTube 動画 30系後期アルファードS タイプ ゴールドⅡ納車ドライブ

購入したアルファ―ドの紹介

購入したアルファードのグレードは?

アルファードS TYPE GOLDⅡカタログ

SタイプゴールドⅡになります。

2021年5月に発表されました。

ゴールデンウイーク終わってすぐにディーラーに駆け込みました。

 

ボディカラーはスパークリングブラックパールクリスタルシャイン(220)になります。

 

アルファ―ドの装着オプション?

寒冷地仕様

自分が住む所は雪はあまり降りません。しかしリアフォクランプは後付け出来ません。

その他フロンドガラスに熱線が入って雪が解けやすいなどあります。

外見はリアフェンダー付近ののエアフラップが雪で割れてしまうのでのこのモデルで装着されません。

スイッチはフォグランプのスイッチをオンにしてさらに先にまわすとリアフォクランプが点灯します。

 

スペアタイヤ

30系後期のヴェルファイアに乗っていた時タイヤがパンクしました。

スペアタイヤを積んでいたので交換してスタンドまで自走出来たので便利だと思います。

パンク修理キットを使用するとそのタイヤ内側に溶剤が残りバランスが取りづらくなりは再使用できないと言われています。

オプションのスペアタイヤだけあってホイールはアルミになっています。

 

モデリスタエアロパーツ

フロント サイド リアを装着しました。

リアに関してはマフラーカッター仕様とスポーツマフラー仕様があります。

今回はスポーツマフラー仕様にしました。

マフラーサウンドは運転している時は音が少し聞こえる程度です。

エンジンを掛けファーストアイドルの時はそこそこ大きい音がしてマフラー入れてる感があります。

スポーツ車ではないので高回転の伸びがいい?とかそんな走りはしないので分かりません。

 

あくまでもドレスアップの範囲だと思います。

 

シグネチャーイルミブレード

エンジン始動時に点灯するデイライト的なものです。

 

フロントグリルカバー

これだけアルファードが増えると他車と違うのを装着したいです。

 

バイカラーフォグランプ

フォグランプの色をスイッチで白と黄色に変更できます。

明るさはイマイチです。

あくまでもドレスアップ用品かもしれません。

 

フリップダウンモニター

後席の方のために天井に装着されるモニターです。

 

Tコネクトナビキット

このキットを装着するとディスプレーオーディオにスマホをつながなくてもナビが使えます。

 

デジタルインナーミラー

今回装着したのがブラインドスポットモニターとリアクロストラフィックアラートがセットになったものになります。

デジタルインナーミラーは最初は違和感がありますが慣れると見やすいです。

2列目に誰か乗ってる時やフリップダウンモニターを使用しているときなどは重宝します。

 

アルファ―ドSタイプゴールドⅡ良かったところイマイチだったところ

スエードのシートがいい!

以前乗ってたのがヴェルファイアZGエディションでした。

人工表皮でしたが高級感がありました。

しかし座り方によってお尻が滑ります。

 

特に3列目が滑りました。

今度はスエード表皮なので滑りにくいので疲れません。

 

天井がブラック

アルファ―ドで天井の色が黒なのは基本的にSタイプゴールドだけになります。

ちょっと高級感があります。

 

ステアリングが革だけに

SタイプゴールドⅠのステアリングが木目コンビでした。

SタイプゴールドⅡになりただの革巻きステリングになりました。

 

室内照明がLEDじゃなく電球

前車がヴェルファイアZGエディションだけあって内装は豪華でした。

ランプ類はバイザー以外LEDだったと思います。

ドアのカーテシランプが反射板になってるだけです。

 

上のグレードからの乗り換えだとちょっとイマイチと感じるところがありあります。

ディーラーに試乗車がある時はちゃんと見た方が良いと思います。

 

アルファ―ドSタイプゴールドⅡ試乗レビュー

新車だけあってドアのゴムのパッキンに張りがあり運転席 助手席は軽く閉めると半ドアになります。

車内に入りドアを閉め走り出すとさっきまで乗ってたヴェルファより静かな感じがします。

ヴェルファイア30系前期から後期に乗り替えた時も言ってましたが、新車だからという事もあります。

 

しかし今回は仕様変更されたアルファードはスライドドアのストライカーにゴムのパーツが装着されました。

確かヴェルファイアに付いて無かったかもしれません。

このパーツが付くことによりスライドドアと車体とが密着することにより異音やガタツキを防止するみたいです。

 

マニアの間では定番パーツになっているみたいです。

昨日まで乗ってた山なしタイヤのヴェルファイアと新車のアルファードの乗り心地を比べるの酷ですがもちろんいいです。

いつもの道を走りいつもなら跳ね気味の場所でもしっかりしています。

 

タイヤが新品のせいでもありドア廻りのゴムパッキンが新品なので静かで乗り心地が良く感じるのかも知れません。

アルファ―ドやヴェルファイアの中古車を購入した時にタイヤとドアパッキンを新品にすればかなり新車の味に近くなるのかなと思います。

 

まとめ

  • 新車のアルファードは乗り心地よく静か
  • 中古で買った時はタイヤとドアパッキンを新品にすれば新車に近づくかも
  • とにかくたくさん走っているアルファード
  • 上級グレードからの乗り換えはちょっと待った!

アルファ―ドさすが高いだけあります。

トヨタ流の高級感と言うのだと思います。

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

関連記事

見積もり公開30系アルファードS TYPE GOLDⅡ契約しました。

30系ヴェルファイア前期から後期乗り換えで3年7万キロ乗ったここがダメなポイント

すぐに車の処分で高く買い取り希望の場合はネット一括査定が常識

Amazonと楽天アルファードの本やパーツを調べる

 

 

関連記事

-トヨタVELLFIRE ALPHARDブログレビュー