文教堂ファンⅢ

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

記事中アドセンス



書店員の独り言

カドフェス2017始まりました。限定ブックカバープレゼント!

            

あなたは、どのブックカバーにいたしますか?

お疲れ様です管理人のヒガシクワンです。今回は、KADOKAWA(角川)文庫のフェア 「カドフェス」が開催しました。先着順ですが、文庫本1冊お買い上げにつきカドフェスオリジナルブックカバーをプレゼントしております。カバーは6種類です。あなたはどれを選びますか?

動画になります

ブックカバーの紹介です。6種類あります。

 

①と②になります。

 

③と④になります。

 

上が⑥で下が⑤になります。

文豪ストレイドッグス表紙

谷崎潤一郎、中原中也、太宰治など、本来は、学生の宿題で読まれる作品も、文豪ストレイドッグスのアニメとコラボレーションで積極的に読まれるアイテムになりました。
サイトを見る

DIVE!!  アニメ化専用表紙になりました!

7月からアニメが始まるDIVE!!もアニメ専用表紙になりました。飛び込みと言う夏に連想していてこれからの季節にぴったりな作品です。上下巻となっておりまして、夏休みにじくり読むのに最適です。サイトを見る

カドフェス2017開始!

KADOKAWA(カドカワ)さんの発表では、カドフェスは6月17日(土)から開始とアナウンスされました。当店のように小さい店舗で小さいフェアセットだと、前のフェアを速攻で撤去してすぐ新しいフェアを展開できます。

今回は、カドフェスブックカバー目当てで朝から問い合わせがあるのにびっくりしました。
本日はじめてのカドフェス関連本をお買い上げのお客さまは、3冊購入されてお気に入りのブックカバー3枚ゲットしました。ありがとうございました。

まとめ

夏の文庫のフェアと言いますと、KADOKAWA(カドカワ)、集英社、新潮社、が定番です。各社魅力的なアイテムをそろえております。とりあえすこの夏一番乗りは、KADOKAWA(カドカワ)「カドフェス」でした。ご来店お待ちしております。

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

            

関連記事アドセンス



-書店員の独り言