文教堂ファンⅢ 

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

記事内18



レクタングル大18




VELLFIR

モデルチェンジ2代目トヨタヴェルファイア後期購入レポート

2018/05/27

お疲れ様ですヒガシクワンです。今日は、ネッツトヨタに行きヴェルファイアのカタログをいただきに行きました。現在所有しているものは、ヴェルファイアZAエディションです。

 

2015年7月に残価設定クレジットで購入しました。残価設定を36回で設定していました。今年の6月に最終回があります。このまま違う新車に乗り替えか、ローン延長して払いきるか悩んでいます。

査定270万円でました

概算ですが、270万でました。残価設定クレジットの最終回の支払いが、180万です。90万円プラスになります。この90万円を頭金にして新車を買うか。又は、ローン延長してこのまま払い続けるか考えています。

 

今の車に3万7千円

 

今、乗ってるヴェルファイア(前期)をあと3万7千円はらい続けるより、ずっとローンになりますが、新車の後期型を買って3万7千円払ったほうが、いいんじゃないかと思い、とりあえずヴェルファイアのカタログをいただきの行きました。

 

納車が9月!?

なんとか6月待ちだそうです。一番の売れ筋グレードが大体、半年待ちです。とくにZGエデションが人気があります。ほかのグレードを選べば、ちょっと早いと早いかなと思います。

 

乗り出し500万オーバー

 

ヴェルファイアを最初からたくさんオプション付けて買うような方だと、500万超えは、想定内だと思います。現在所有のZAエディションと同じグレードだと、よほどオプション付けない限り、乗り出し、500万オーバーはしないと思います。

 

でも今回は、通称、流れるウインカー?が鍵を握っています。「シーケンシャルターンランプ」と言います。7万円台と15万円台と2種類あります。

 

しかしこのウインカーを手に入れるには、ZGエディション以上のグレードを購入が必要です。このモデルは、ZAエディションより単体で、45万くらい高いグレードです。

 

流れるウインカーの他にも、パワーバックドア、木目コンビステアリング、革シート(本革じゃない。本革はオプション)、エグゼクティブパワーシートなど標準になります。しかし、シーケンシャルウインカーはオプションです。

まとめ

来週に、見積もりとマイカーの正確な査定に行きます。シーケンシャルターンランプのために乗り出し500万オーバーは、ちょとコスパが悪いです。

 

あと値引きもあるので、上のグレードが狙えれば、狙っていきたいと思います。またレビューしたいと思います。

 

以上2代目トヨタヴェルファイア後期購入レポートでした。

 

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事アドセンス

よく読まれている記事です


-VELLFIR