文教堂ファンⅢ 

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

記事内18



ブログ内検索

レクタングル大18




VELLFIR

納期は?マイナーチェンジ2代目30ヴェルファイア初期型から後期に乗り替えです。見積もり下取りいくらだったのか?

2018/05/10

お疲れ様ですヒガシクワンです。我が家の2代目ヴェルファイア30前期を下取りして、マイチェン後の後期のモデルを購入しようと思います。

 

ヴェルファイア後期の目立った変更点は、オプションでシーケンシャルターンランプ通称「流れるウインカー」が選べるところです。

 

知り合いが勤めるネッツトヨタディーラーにて見積もりしてもらいました。

ついに乗り出し500万超えました

全国のヴェルファイア乗りからは笑われてしまいますが私にとってマイカー購入の中で乗り出し500万円を超えたのは初めてです。

 

現在乗ってる30前期のグレードはZAエディションで乗り出し430万円でした。

 

残価クレジットで、36回払いの毎月5万7千円払っていました。

 

今年の7月で満了になり、新車に乗り替える、車両を返却する、残金を一活払い又は再ローンにするか迷っていました。

 

最初に再ローンに設定して毎月3万7千円をあと60回に設定していました。

 

でも考えてみると、3万7千円を30前期ヴェルファイアに支払うより、2017年12月にマイナーチェンジした後期型に乗り替えたほうが良いかなと思いました。

 

実際に見積もりをしていただくと、30前期のローンの残価が180万円に対し下取りが270万円でした。

 

さすがヴェルファイアという感じです。下取り額がローン残高を90万円上回りました。

 

その90万円を頭金にして新車の30後期に乗り替えることになりました。

 

新しいローンは月々4万8千円です。ボーナス払い無しです。

 

ボーナス払いが出来る方は併用すると月々の支払が少なくなり家計にもやさしいです。

 

自動ブレーキなど安全装備が標準となり価格アップ

トヨタセーフティーセンスという自動ブレーキ、車線はみだし警告、オートマティックハイビームなど安全装置が標準になり全体的に価格アップしました。時代の流れです。

 

今回の30後期もエアロ仕様のZAエディションにしようと思いましたが、後期型のアイデンティティ?シーケンシャルターンランプが、エグゼクティブラウンジに標準装備、Z,Gエディション以上にオプション扱いでした。

 

シーケンシャルターンランプは、LEDヘッドランプが3眼と2眼があります。それぞれ15万台と7万円台です。

 

せっかくなら最近レクサスに採用されてる3眼仕様のほうがカッコいいのでこれに決定しました。

 

そうなるとグレードも必然的にZ、Gエディションになります。

 

ここまでくると、今回マイナーチェンジで進化したV型6気筒3.5LのZGも候補になります。

 

しかし2.5LのZ、Gエディションと3.5LのZGの価格差は約50万後半なのでそこまでくると乗り出し600万円が見えてくるので2.5LのZ、Gエディションで決定しました。

 

バーニングブラッククリスタルシャイン222

ボディカラーは、下取り車と同じバーニングブラッククリスタルシャインにしました。

 

理由は今回でヴェルファイア3台目になります。

 

毎回違うカラーの車を買っているとご近所の目があるのでボディカラーが同じなら前期後期の違いがわかりません。

 

もちろんナンバーも同じです。

 

シーケンシャルターンランプ

オプションはカタログを眺めてるだけで楽しいのですが、あれもこれもと装着するととんでも無い金額になります。

 

  • シーケンシャルターンランプ
  • 10インチナビゲーション
  • ナンバーフレーム
  • バイザー
  • ETC
  • ドライブレコーダー

主にこんな感じです。

 

下取り車には、ムーンルーフを装着していましが3年間で開けた回数が2回くらいなので今回は、車のグレードを1ランク上げたので今回ムーンルーフはやめました。

 

フロアマットは純正品だと約10万円ですしかも色が1種類です。

 

ネットの社外品だといろいろなカラーが選べて3万円から5万円と半額です。

 

最近の社外品の車種専用マットだとフィッチングもバッチリです。

 

最近人気のアイテムのドライブレコーダーも欠かせません。

 

カーショップのものだと保障が1年ですが純正品だと3年です。実際はトヨタが作ってる訳ではないですが新車購入時だとオプションとまとめてローンが組めるので便利です。

 

納車は9月ごろ予定

現在4月中旬です納車は9月予定ですなんと5カ月待ちです。

 

前回30前期を購入した時も同じ事を言われ1か月半で納車されました。

 

その事を知り合いのディーラーマンに言うと「今回はマジかかる」という事です。

 

9月納車だと今乗ってる下取り車の車検が7月に来ます。

 

その場合は最低限の作業をして車検を通すらしいです。

 

そこは気長に待ってもいいのですがあと何年か後にヴェルファイアの40型が出ると思うので早ければそれに越したことはないです。

 

40型が出たらまた今回購入の30後期を下取りして差額を頭金にして購入予定です。

 

もうずっとずっと車のローンを払っている感じですが、3年ごとに乗り替えるとメリットがあります。

  • ずっと現行車に乗っていられる
  • 新車なので保障があるので故障が怖くない
  • タイヤは交換したこと無い(今回は距離乗ったので途中交換しました)
  • リセールがいい車種なので3年後の下取りは60%から70%ある

今回最初の支払はいくら?

納車の予定が先なので、下取り価格も9月に手放した場合の価格です。納車が早まれば下取り価格はもう少しアップするそうです。

 

とりあえず今回頭金は、下取り価格270万円+25万円のうち25万のみトヨタカードで支払いました。

 

通常ポイントは1%しか付きませんが「使ってバック」を利用しているのでポイントは1.5倍になりローンに充当できます。

 

まとめ

私の予想では、30後期のゴールデンアイなどの特別使用車でZ,Aエディションベースのシーケンシャルターンランプが標準装備のものが発売すると思います。

 

トヨタさんも商売上手いと思いました。

 

以上マイナーチェンジ2代目ヴェルファイア初期型から後期に乗り替えです。見積もり下取りいくらだったのか?でした。

 

納車になったらブログ、動画とアップしていきたいと思います。

 

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

記事内



関連記事アドセンス

よく読まれている記事です


-VELLFIR