文教堂ファンⅢ

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

記事中アドセンス



雑誌(付録)

「医者が飲まない薬受けない手術」宝島社ムック本の薬、手術が一覧になっていてやばい?!

2017/08/22

            

チェーン店内にて争奪合戦!

お疲れ様ですヒガシクワンです。今回は宝島社ムック本 医者が飲まない薬受けない手術の紹介になります。新聞広告に掲載されてから。問い合わせがすごかったです。広告掲載後お盆休み中も問い合わせ多数ありました。取引問屋に在庫は無し、他店の在庫すべて客注品でした。結局宝島社に直接注文しました。

もう薬は飲んではいけないのか一覧掲載!

  • 風邪薬は処方箋も市販薬も百害あって一利なし
  • 普通の風邪に抗生物質は意味が無い
  • 傷や火傷に消毒薬は毒
  • 市販の傷を乾かすスプレーはかえって治りを遅くする

手術を受けるのは怖い?

  • 命を縮める無用ながん手術
  • 大学病院での手術なら本当に安心?
  • 抗がん剤効くがん、効かないがん
  • 受けるべきがん検診、受けなくてもいいがん検診

健康診断本当の基準値 大公開!

最後のページに表になって健康診断の数値が公開されています。
実は、あなたの数字は、ぜんぜん問題じゃなかった?!

薬選び手術が慎重になります。

行きつけの病院、診療所、かかりつけの先生がいるのでしたら、この本を読んだらかなり慎重になります。今まで飲んでた風邪薬、抗生物質が意味無いものなんてちょっとショックでした。今まで、治った気でいたのが不思議です。

しかし、病気になった時、「俺は、薬は飲まない、手術を受けない」なんてやってると、家族、親族から反発がありかなりモメそうですね。あくまでも自己責任になってしまいますが・・・。

書店の目線から・・・。

最近はがルーペメガネ大好評な宝島社。その他店頭には、いろいろな健康書があります。特に宝島社のムック本は、今回の、医者が飲まない薬受けない手術や、健康に関する本がいっぱいで、すごく興味がわくものが多いです。新聞広告も多いので、タイトルを見ただけで、大変興味を引くものが多いです。

アンテナを張りめぐらせて、売れると思ったものは即効で注文しないと手に入りません。最近宝島社のごく一部の本は、広告をバーンと出してバーンと売り切るみたいな戦略になってるような気がします。書店としても目がはなせません。

まとめ

ほんとうに、薬や手術に関して考え方を改めさせられる本です。
以上「医者が飲まない薬受けない手術」の薬、手術が一覧になっててやばい?!でした。

最後まで閲覧ありがとうございました。

            

関連記事アドセンス



-雑誌(付録)