文教堂ファンⅢ 

バス釣りと宅建転職経験と元書店員の読書感想文

ブラックバスとクランクベイト

霞ヶ浦水系バス釣り専門店ブログ動画

霞ケ浦水系北利根川でバスが釣れた定番ポイントはどこ

霞ケ浦に繋がっている北利根川だけど定番ポイントってどこだろう?

実際そのポイントではブラックバスは釣れているのだろうか?

主にどんなルアーで釣れているのだろうか?

 

北利根川は広くてポイントが絞れないです。

人気ポイントは休日ともなると人がいっぱいです。

せっかく霞ヶ浦水系に来たのですから釣って帰りたいですね。

 

今回の記事を読んでいただくと私の経験ですが、北利根川で本当に釣れているポイントなどを紹介できると思います。

やっぱりここが定番ポイントなのだとわかると思います。

釣れた理由には必ず憶測があると思います。

霞ケ浦水系北利根川の定番ポイントとは

北利根川バス釣りは障害物が多い

橋下 アシぎわ 斜護岸ブレイク テトラは必ず攻めるポイントとなっています。

北利根川の斜め護岸はある程度先は多少深くなっています。

北利根川を渡る橋は国道 県道 高速道路 JR鹿島線鉄橋などありあます。

特には橋桁(はしげた)などはポイントとなります。

 

夏の日中などは日蔭にもなるので絶好のポイントだと思います。

北利根川はアシが少ないのでバスの絶好の住みかだと思います。

必ず狙うポイントだと思います。

 

テトラ帯も有名です。

テトラのポイント冬だけに限りません。

他の季節でもバスは付いております。

 

シャロ―&ボトム年中釣りができる北利根川です。

1本釣るだけでも大変ですが釣れた時の感動は忘れません。

北利根川バス釣りの動画と解説

霞ケ浦に繋がっている北利根川だけど定番ポイントってどこだろう?

私が過去に釣ったポイントは斜め護岸 テトラになります。

北利根川名物の斜め護岸は遠浅ですが足元でもルアーを追ってきます。

テトラ帯は駐車場やトイレなどもありカップルや家族で来てる方多いです。

その北利根川で実際に釣れているのだろうか?

こちらは私が橋の下で釣った動画になります。

時間帯は夕方5時半ごろ

この動画では2バイト1フィッシュ1ばらしになります。

最初のバラシた魚は大きいと思います。

 

 

こちらは斜め護岸で釣れたバスです。

時間帯は昼近く

天気はくもりのち雨

 

 

 

こちらはテトラ帯で釣れた動画です。

時間帯は夕方4時ごろ

天気は晴れ

プロの方たちもここで釣った動画をたくさんアップするなどよく釣れるポイントです。

メインはテトラのスキマにルアーを落とし込む釣り方ですがこの動画の場合はテトラ際の杭まわりでヒットしました。

 

 

北利根川は主にどんなルアーで釣れたのだろうか?

橋の下ではクランクベイトでした。

キャストしてゆっくりまいて釣れました。

浅いポイントなので早く巻くと底を打ち根がかりが多いためです。

 

斜め護岸でのバスはザリガニ系のワームでした。

オフセットフックを使ってシンカーはガン玉を使うスプリットショットリグでした。

キャストして水面に落ちてリールを二巻きしたすぐに当たりがありました。

 

テトラ帯ではスピナーベイトで釣れました。

この場所ではテトラの際の杭目がけてキャストをして着水してすぐアタリがありました。

スピナーベイトのアタリは着水してすぐが多いと思います。

まとめ

北利根川は橋の下 斜め護岸 テトラのあたりを探ればバスはいると思います。

何もないところに見えるけどちょっとした水面から出てない杭まわりや段差になってるところにバスがいる可能性があります。

私の場合まぐれと言う場合もあります。

 

バス釣りの場合その時のタイミングというのが多いと思います。

とにかくルアーが水中にないと釣れません。

たくさんキャストして打つなり巻くなりだと思います。

 

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

関連記事

-霞ヶ浦水系バス釣り専門店ブログ動画
-