文教堂ファンⅢ 

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

記事内18



ブログ内検索

レクタングル大18




リクルート

葬祭屋面接にいきました。

2018/01/08

お疲れ様ですヒガシクワンです。今回私は、葬祭屋面接に行きました。ここまですでに2社(大手不動産)と、ぜんぶひらがなの書店?不採用でした。大手不動産は、書類選考でX、ひらがな書店(くまざわではない)は書類選考はO面接Xでした。4社目なので気合が入ります。これからは、高齢化社会、あと20年くらいは、大丈夫かなと思い応募しました。

面接官少し遅れて途方に暮れる

今までは、ネットで申し込みをしていました。今回の葬祭屋は、新聞折込広告でした。9時からやってるらしく、すぐ担当者にTELしました。「お忙しい中おそれいります。新聞折込広告の求人募集を見たのですが・・・」今回初めての電話申し込みです。

今勤めている会社、いつから来れるのか聞いて聞かれました。

「ん?いつから来れるか?」

これってもう採用?と思いました。

「さっそく今日17時に履歴書持って事務所に来て下さい。誰もいない時は車の中で待ってて下さい」とのことでした。広告をよく見てみると、日曜、祝日定休と書いてありました。ところが本日は日曜日。大丈夫かなと思いました。

面接場所はデニーズ!?

夕方16時45分ごろ現場に行きました。時間が来るまで車で待機していました。16時55分になり車から降り事務所の扉をノックしました。「シーン・・・。」誰もいないみたいでした。とりあえず、車の中で待機しました。

17時30分になり面接官登場しました。「ごめんごめん、とりあえず近くのファミレスに行こう」ということで、彼の後を追いデニーズに着きました。

まさか、面接場所がデニーズとは思いませんでした。何食べる?と言ってきましたが、初対面の方に対してどれぐらいの金額の物を選べばいいか困ってしましました。面接官は、気を使ってか、「俺と同じでいいな」という事できまりました。

料理が来るまで、履歴書を見て、いきなりいつから来れんの?という事でした。年明けからでもいいんだけどと言ってきましたが、明日は、用事があるので、あさってからと伝えると、「じゃあ待ってるから来い」でした。

面接官の彼は、普通の会社員だと定年してる年齢でした。昔、出版社にも在籍していたらしくトーハン、日販取次の事や、書店の事で、盛り上がりました。

まとめ

とりあえず採用みたいです。いままで、書類選考、1次、2次面接がある会社を受けてきたので、なんかバイト採用みたいな感じでした。これから2か月研修期間があるので、またレポートしていきたいと思います。

以上葬祭屋面接にいきました。でした。

次回は、「速攻で辞めたくなった」を予定です。お楽しみに。

最後まで閲覧ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

記事内



関連記事アドセンス

よく読まれている記事です


-リクルート