文教堂ファンⅢ 

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

転職しよう

葬祭屋に出勤したが、互助会 会員勧誘営業で即効で辞めたくなった。

2018/07/26

お疲れ様ですヒガシクワンです。いよいよ葬祭屋に出勤しました。でも2か月は研修期間で、この会社のシステム?や勉強会、1週間に2本のノルマ?というワケのわからないものでした。私は、葬儀の進行や、お亡くなりになりご自宅に行ってプラン、進行の説明等や納棺などの仕事だと思いました。実は互助会の会員の勧誘の営業でした。

互助会って何?

結婚式、葬式、七五三、成人式に備えてお金を積み立てるシステムです。経済産業省に認可されているシステムです。お葬式は、人数に関係ない(霊柩車、棺桶、司会、その他)ものが通常価格より安価に設定されています。突然の不幸にも、電話1本ですぐ対応してくれるシステムです。

毎月一定額を積み立てるもの、一括で払うものなどがあります。私は、毎月一定額を積み立てるプランの営業になりました。そうなんです。私が採用された会社は、この互助会の会員を集める仕事で、葬儀をセッティングする実用的なお仕事ではありませんでした。

もちろん飛び込み営業です。インターフォンを押しても「興味ありません」「帰れ」しまいには、塩をまかれたりするそうです。それを研修期間中は、1週間で2本、1か月で8本、2か月で16本契約を取らなくてはなりません。

お客様に「じゃあ、あなたは、入っているの?」とツッコまれないためにも、自分で、2本入らなくていけません。毎月O千円ですが、初回は、2か月分+会員カード発行で、1万円超えました。

 

さっそく実家に行ったらもう来るなと言われた

いつもやさしい父親ですが、この互助会の仕事を始めたと言ったら。「もううちに来るな、親戚中には、絶対行くな」と言われました。

父親の言い分は、「満期になっても金利が付かない」「このくらいの金額ならすぐ用意できる」「途中解約は損」「今どき、葬式にお金を掛ける人はいない」でした。

会社のボスは、身内は回るなと言っていましたが、全部飛び込みでは、目標ノルマに達成出来そうもないので、親戚に嫌われるのは、厳しいと思いました。

実は、何かおかしいと最初から違和感があった

前回、デニーズでの面接の日は、どのような仕事をするのか聞いた時、「最初はみんな営業だよ」と言ってました。そろそろ研修期間が終わるスタッフがいるのですが、葬祭部に行くのかと思ったら、今度は店長になるらしい。歩合は多くなるが、本数のノルマが厳しいらしいです。研修が終わっても、互助会の勧誘だったので、私のやる気モードは完全に冷めました。

もう半年以上やってる事務所なのに、一番長いスタッフが2か月前に入った研修性というのが、違和感がありました。みんなすぐ辞めていくのでしょう。以前知り合いで、ソーラーパネルの営業に入った彼は、事業所は、3人いて、店長は入って半年、あとの二人は、今週入ったばかりの新人というのがありました。

まとめ

まだ入って1週間経っていませんが、違和感の多い職場です。もう辞めたくなりました。

以上葬祭屋に出勤したが、即効で辞めたくなった。でした。

最後まで閲覧ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

記事内



関連記事アドセンス



-転職しよう