文教堂ファンⅢ 

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

雑誌付録

宝島社 雑誌「リンネル」の「ル」が毎号かくれてる意味がわかった

2018/11/06

お疲れ様ですヒガシクワンです。今まで宝島社の月刊誌リンネルの付録を紹介してきました。ふと思ったのがタイトルの「リンネル」の「ル」の部分が毎号かくれているので不思議に思ってました。今回ヤフーニュースでその理由を紹介します。

「リンネ」と思っていた方多数!

こうなった理由は「書店で棚ざしされると付録が見えない」との意見が会議で挙がり、「上から12cmの法則」ルールをもうけました。表紙の上から12cm以内にタイトルと付録を配置して、棚ざしでも雑誌付録を確認することができます。それにより手に取ってもらえやすく売り上げナンバーワンになりました。

 

書店時代はもちろんリンネルを扱っていました。たしかに残り1冊か2冊になるとガラス棚に入れてしまいます。普通の雑誌だとタイトルしか見えませんが、リンネルの場合は付録の内容も分かって便利です。

リンネル定期購読はアマゾンへ

「リンネル」バックナンバー動画!

 

リンネルのバックナンバー最安値は?

宝島社雑誌「リンネル」まとめ

本当ですね。表紙の「リンネル」の「ル」が見えなくなっていますね。2016年1月号から「ル」が見えなくなっているそうです。

 

以上宝島社 雑誌「リンネル」の「ル」が毎号かくれてる意味がわかったでした。

 

最後まで閲覧ありがとうございました。

リンネルの最新号アマゾンで探す

リンクユニット




記事内



関連記事アドセンス



-雑誌付録