文教堂ファンⅢ 

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

読書感想文

ぐりとぐらのクリスマスにおすすめな本簡単に感想文書いてみた

2018/12/06

国民的人気絵本シリーズのぐりとぐら

クリスマスに絵本でもいかがですか?

何を買っていいかわからない場合私がお客様におすすめしていた絵本がありました。

あのコが絶対よろこぶクリスマス本はあの・・。

「ぐりとぐらのおきゃくさま」福音館書店9784834001013です。

全国の書店でベストセラーとなっています。

プレゼントに最適となっております。

ぐりとぐらの出版社の読み方間違っていませんか?

ぐりとぐらのおきゃくさま YouTube

ぐりとぐらのおきゃくさまは実は・・・。

ぐりとぐらのおきゃくさま 感想文

自宅に帰ってまさかサンタクロースがいるなんて思ってもいなかったはずです。

足跡を見つけたどっていくとまさかのまさかぐりとくらの家に続いているなんてわくわくしました。

ぐりとぐらの自宅でサンタクロースがブーツや服を乾かしている光景は面白かったと思います。

 

子供の読者は見てはいけないものを見てしまった気持ちになったと思います。

サンタクロースが服を乾かしケーキを作ってみんで食べたという流れなのですがわくわくしておもしろかったです。

 

私の知り合いから「ぐりとぐらのおきゃくさま」に似た事を体験した話を聞きました。

彼の家族が旅行に行ってる間に空き巣に入った泥棒が、ご飯たべて、潜伏していた形跡があったみたいです。

お鍋が置いてありカレーが作れていました。

泥棒は何日かそのカレーを食べていたみたいでした。

 

泥棒が作ったカレーなので捨てようと思った思ったら、あまりにもいい匂いなので味見してみました。

鍋に入っているカレーからスプーンで一杯すくって味見しました。

するとなかなかコクのあるカレーだったみたいです。

 

警察の方からも泥棒が料理をしてしばらく潜伏していたと言ってました。

冷蔵庫を見てみると鶏肉 野菜などが使われていました。

ゴミ箱を見てみると野菜の生ごみやカレーのルー空き箱がありました。

 

空き巣は家族が旅行に行ってる間の4日間ずっといたみたいです。

鍋のほうは上のフチ近くまでカレーが付いていたので大量に作ってい可能性が高いです。

家族が旅行から帰ってきた時のカレーの量は鍋の半分くらいでした。

 

カレーは寝かしたほうがうまいと言われています。

グリコの公式ページで解説しています↓

http://cp.glico.jp/story/curry/science1.html

 

空き巣はこの家に潜伏中にずっとこのカレーを食べていたみたい。

何日も寝かしてあるから程よくおいしくなったのでしょう。

ぐりとぐらのおきゃくさまみたいにみんなで食べる事はありませんでした。

 

もしかしたらが入っている可能性もあるのでいい判断だったと思います。

夏祭りカレーヒ素混入事件のあとだったらスプーン一杯の味見もやばかったと思います。

 

話は戻してまさか、ぐりとぐらの家にサンタクロースが来ているなんて本人たちも思っていないはずです。

現在だったらサンタクロースとみんなでケーキをたべている所をインスタ投稿したり動画生放送したりできます。

でもサンタクロースは永遠に心の思い出としてしまっておいたほうがいいのかもしれません。

 

タイトル「クリスマス」入っているもの全部そろえました!

ぐりとぐらのクリスマス まとめ

この本の本当のタイトルは「ぐりとぐらのおきゃくさま」福音館書店9784834001013です。

クリスマスプレゼントに最適です。

どこの書店でもクリスマスになると陳列されます。

 

しかし本屋のホンネではクリスマスにしか売れない本です。

そうなんです。

書店に行っても平済みになるのはクリスマスの時期だけで普段は棚に1冊さしてあるだけです。

 

ぐりとぐら全部注文したら大変な事になった!

 

ご注文はこちらからできます↓

 

リンクユニット




関連記事アドセンス

関連記事はこちら


-読書感想文