アランの歯はでっかいぞ

読書感想文

アランの歯はでっかいぞ こわーいぞを読んであらすじ感想文簡単にまとめてみました。

2021/08/08

なぜ、みんなが怖がるワニのアランはみんなとなかよくなったのか?

 

今回は、読書感想文課題図書「アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ」9784776407621 を読んであらすじ、感想文を書いてみました。

アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ あらすじ

こわーいワニの一族 アランは じまんの歯でみんなをこわがらせていました。

でもワニのアランの歯は、入れ歯でした。

ある日ビーバーのバリーが、入れ歯をかくしてしまいました。

 

歯のないワニのアランはみんなの笑いものになりました。

歯を返してもらうじょうけんに、「もうみんなをこわがらさない」というじょうけんで、入れ歯を返してもらいました。

アランはみんなの役に立つことをいっしょうけんめいしました。

 

そしてみんなとなかよくなりました。・・・・

続きを読む

アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ 感想文

この話を読んで、私が思い出したことがありました。

小学校の時スポーツ少年団でサッカーをやっていました。

6年生になりキャプテンに任命されました。

 

みんなを引っ張っていくために張り切りました。

すると、張り切りすぎて今でいう、上から目線になりました。

だんだんみんなが無視するようになりました。

 

チームを引っ張るために、がんばってきたのに悲しくなりました。

しばらくして、いままでごめんなさいと、みんなにあやまりました。

これからは指示する時も相手のことを考えながら、するようになりました。

 

徐々にみんなと仲良くなりました。チームも、だんだんまとまってきました。

ワニのアランの場合は、歯を返してもらうのに必死だったと思います。

この本を読んだかぎりでは、みんな、ワニのアランをたいへんこわがっていたのが伝わります。

 

たぶんワニのアランも、みんなと仲良くしたかったのだと思います。

みんなの気を引くためにこわがらせていたのだと思います。

ちょっと意志表示をまちがってしまったのかもしれません。

 

早い段階で、ワニのアランが、自慢の歯を取られてしまったのもよかったのかもしれせん。

あとあとみんなと仲良くなるのが、修正不可能になる可能性があったかもしません。

最後はみんなと仲良くなってたいへんよかったと思います。

 

まとめ

以上、「アランの歯はでっかいぞ こわーいぞ」のあらすじ、感想文でした。

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

関連記事

-読書感想文