文教堂ファンⅢ

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

記事中アドセンス



話題の本

えがないえほんで子供たちに大ウケ!プレゼントに最適。今一番のトレンドです。

2017/12/10

            

お疲れ様ですヒガシクワンです。11月21日火曜日フジテレビめざましテレビ「ここ調」コーナーで 「えがないえほん」早川書房B・J・ノヴァク(B.J.Novak)著 大友 剛(おおとも たけし)訳 が紹介されました。ISBN 9784152097248 子供たちがみんな笑ってしまう秘密とは?私個人としては、真っ白な表紙なので、クリスマスプレゼントに最適だと思います。

ポイントは擬音語!?

おならぶー
ぶりぶりぶー
とか意味不明な言葉が書かれています。

その前にこの絵本には、「絵」が無い!

専門家に聞いてみるとポイントは擬音語らしいです。

 

プロが幼稚園で読み聞かせ?

横浜の幼稚園にて「えがないえほん」を読み聞かせしました。

もちろん意味不明な言葉を連発!

さすがプロ!

声の感じを低音と高音に分けることにより子供たち大ウケでした。

ページをめくる時に「ジャーン」とアドリブで効果音も出したりして

子供たちは興味深々でした。

街でも子供たちに大ウケ!

「えがないえほん」を持って街の親御さんに読んでもらいました。

一緒の子供たちも大ウケで笑いが止まりませんでした。

まとめ

「えがないえほん」なんて馬鹿げていると思いました。

擬音語を声に出して読むとなんか笑ってしまいます。

ベストセラー間違いなしだと思います。

来週あたり書店の総合ランキングシングルは狙えると思います。

 

以上えがないえほんで子供たちに大ウケ!でした。

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

 

            

関連記事アドセンス



-話題の本