文教堂ファンⅢ 

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

記事内18



レクタングル大18




読書感想文

「ありのままにひたむきに」を読んであらすじ感想文を書いてみました。

お疲れ様です文教堂ファンです。今回は「ありのままに、ひたむきに」西本願寺 門主 大谷光淳著をあらすじ感想文を書いてみました。

この作品は本当に癒されます。

読んだ後は今まで自分の考え方を考えさせられます。

ありのままにひたむきに あらすじ

不安な世の中、今の現実を浄土真宗にあてはめる。
震災のことや、事件のことなど、
お互い敵を作らないコメントでまとめられた本。

大谷光淳氏 ガンバ大阪 遠藤選手、
弁護士 大平光代氏の対談。

 

ありのままにひたむきに 感想文

この前読んだ、百田尚樹氏の
作品とは真逆な本です。

お互いが敵を作らない角のない
内容で、こちらのほうがいいという方
も多いと思います。

被災者、被害者たちへの想いから
大谷光淳氏のやさしさ、あたたかさが
すごく伝わってきます。

私が一番感動したところは、ガンバ大阪の
遠藤選手の対談でした。

自分が苦手ことは、上手な人にまかせる
メンタルが強くなければ代表には残れない。

遠藤選手が元代表監督の岡田氏に、
よく相談に行ってました。

そしたら、今度は岡田氏が遠藤選手に
相談を持ち掛けるようになりました。

これはお互いの信頼関係が
うまくいってる事だそうです。

通常会社で、歳の離れた部下と上司で
このような関係はよほどじゃないかぎり
ないですね。さすがです!

 

私はどうかといいますと、上司から怒られっぱなしです。
信頼関係はほぼ無いでしょう。
このままでいいのか毎日思ってします。

 

上司の口ぐせは「おまえはまだ、俺と会話するレベルに達していない」です。
じゃあ私を呼ばなければいいのにと思います。
この作品を読んで遠藤選手がすごく羨ましかったです。

 

私も努力してそのレベルまでいきたいと思います。
でも所ジョージさんの名言で「努力とか言ってる時点で才能が無い」と言う事聞いたことがあります。
なので私は「とりあえず目の前の事を一生懸命やる」しか無いのかなと思います。

 

まとめ

商売上、ランキング上位の本は読むように
してますが、時間が無くてちょっと厳しいです。

ありのままにひたむきには、途中からでも
何回でも読めて、サイズ的にも
持ち運び出来きどこでも読めました。

次の作品が出たらまた
読んでみたいと思います。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事アドセンス

よく読まれている記事です


-読書感想文