文教堂ファンⅢ 

ランキング、雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIREなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

リクルート

しつこい互助会営業が来ないようにするには

ポストに互助会のパンフレットが定期的に入っている

営業マン又は外交員のインターフォンがしつこい

と思った方多いと思います

 

私も短い間でしたがOO典礼の互助会外交員をやっておりました

関連記事

葬祭屋に出勤したが、互助会 会員勧誘営業で即効で辞めたくなった。

もっとも簡単な互助会の勧誘の断り方を紹介いたします

ググって本社に電話して二度と来ないで!

互助会の営業マンや外交員から名刺やパンフレットをいただくと思います

まずは会社の本社の電話番号が書いてある場合はその番号にかけて下さい

書かれていない場合はスマホやパソコンでググってみればわかると思います

内容は「互助会の勧誘をやめてほしいのですが」でけっこうです

 

その時に名刺に書かれてある支店や代理店名と名前をお伝えください

最後にあなたの名字と名前もお伝え下さい

個人情報をは抵抗があります

 

そうすることによって本社から支店又は代理店の担当者に連絡が行きます

「OO様のお宅のにはもう訪問しないこと」とくぎを刺されます

また訪問して本社にまた連絡が入った時は給与カットなどのペナルティが課せられます

 

互助会の営業マンや外交官は基本給がほとんど無く歩合給がほとんどです

本社の連絡を無視した営業活動はいたしません

私が勤務していた会社では毎朝ミーティングがありました

 

ホワイトボードに名前が書いてあります

その時に所長が・・・

「こちらのお宅にはもう訪問しないで下さい」

と毎日のように言われました

 

すべて本社のほうに「もう来るな」というクレームです

私たちが間違ってまた行ってしまうと本社へクレームが行きます

そうなるとペナルティが発生するのでクレーム宅は確実にメモを取ります

 

1日に50件から60件は訪問とポスティングをしていました

互助会というまだ生きている方への葬儀の営業なので何かとクレームが多かったです

中には「それいいですね」と言って話を聞いてくれて契約に至る場合があります

 

本社からノルマ ノルマとうるさいですが

OO様から「もう来るな」とクレームが入ったというのもうるさかったです

営業報酬も1件契約すれば6万円もらえます

 

営業マンや外交員も必死です

落とせそうなお客様はあともう少しだと思いしつこくなる場合もあります

私の場合親戚のほとんどを回りましたが最後は出入り禁止なりました

 

消費生活センターに連絡でもいい

互助会への連絡が思いつかなかったら「消費生活センター」への連絡でもOKです

互助会の会社は大手が多いです

へんな噂があったら大変です

最後は営業マンや外交員まで連絡が行きペナルティになるからもう行きません

 

電話での勧誘がしつこい場合も有効です

電話の場合最近の機種だと着信拒否などでブロックするのも有効です

 

まとめ

  • 互助会の本社にもう来ないでと連絡する ※大手の場合一番有効
  • 個人の互助会会社の場合は会社に連絡してもう来ないでと伝える
  • 消費生活センターに連絡する
  • 着信拒否にする
  • マンションなど資産運用の勧誘よりは断りやすい

関連記事↓

互助会外交員デビューで50軒訪問!契約、アポ取れず。初日は全敗。

 

 

リンクユニット




関連記事

次の記事はこちら


-リクルート