文教堂ファンⅢ

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

記事中アドセンス



読書感想文

「考え方」 稲盛和夫著を読んでレビューしてみました。

            

お疲れ様ですヒガシクワンです。

今回は、「考え方」稲盛和夫著を読んで簡単にレビューしてみました。
稲盛和夫氏は日本航空名誉会長ほか、京セラ、第二電電創業者でありたくさんの著書があります。

当店でも、松下幸之助氏コーナーと同じく、稲盛和夫専用コーナーがございます。
書店、ネット通販で購入できます。

JALを再建した事で有名な日本航空名誉会長

1ページに名言が何行かで書かれており、隣のページにその解説のコメントが書かれています。
字も大きく少し老眼ぎみの私でも、大変読みやすい本だと思います。

自分勝手ではいけない、謙虚に生きる、成功をみんなと分かち合うなど、稲盛節炸裂しています!
みんなが幸せになるには、どうしたら良いか考えるようになります。

稲盛さんのどの作品を読んでも、それが感じられると思います。
今の社会、何かあると、みんなから攻撃されます。

この「考え方」を読むと、世の中もっと、謙虚に生きなくてはと思います。
基本的に真面目で、俺が俺がとしない人にとっては、ほんとに力になってくれる本です。

何かうまくいかない時など読んでみると、何かホッとした感じになります。
普段の生活でのあなたの真面目な性格は、考え方を読むと、その考え方、生き方は間違いではないことと確信するはずです。

そのような謙虚なあなたを稲盛和夫氏は大好きだと思います。

まとめ

以前同じ稲盛氏の生き方 を読んで出版社からの依頼で感想文を書いたことがあります。都営地下鉄の中刷り広告や、新聞広告で他の書店の方と一緒に紹介されたことがあります。

反響はすごく、都内で電車に乗った知り合いから、「お前出てるぞ」とか何件かメール等いただきました。その時は豪華本と大きいパネルをいただきました。

パネルのほうは、しばらく店頭に置いていました。
後悔しているのは、写真を撮っていなかった事です。

だんだん日焼けして何が書かれているかわからなくなりました。
記念にいただいた豪華本はまだ保管しています。
さすがに、サイン本ではありませんでしたが、今でも私の宝物です。

そのパネルを店頭に本と一緒に展開して、お客様に、パネルのOOO書店OOさんというのを指して、「これ私です」なんてやってました。あれから何年経つだろう。

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

            

関連記事アドセンス



-読書感想文