文教堂ファンⅢ 

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

書店員の独り言

たぶん知ってたと思いますが。書店閉店安売りセールがほとんど無いわけ・・・残念。

2018/01/01

お疲れ様です。ヒガシクワンです。最近聞かれるのが、閉店した本屋が、「本半額セールとかやればたくさん買うのにな」なのですが、たしかにほとんどみません。ライバル店、ネット、コンビニの普及で、以前は、街の本屋が目立ちましたが、最近は、チェーン店も多く、知ってる方は多いかと思いますが、問い合わせが多いので、お話したいと思います。

売れ残った本は、問屋に返品できる。

以上終わり。すみません、この通りなのです。著作物なので、値下げ販売は基本できません。一部書店では、お客様感謝セールという感じで、やってる場合も過去にあったらしいですが、現在はほとんど無いでしょう。

本を問屋に返品して、代金が戻ってくるのです。このように、返品できる本でしたら、閉店値引きセールをやらなくても、お金を確保できます。基本委託販売なのでこのような事が発生いたします。

 

場合によっては、値引き販売もある。

買い切り本などで、問屋に返品出来ないものがあります。大きい声では、言えませんが、目立たない所で、やってる場合があります。ひっそりとやってるので、常連さんに全部買われてしまう場合がほとんどです。ここは、閉店の告知があった時からマメに書店に足を運ぶことをおすすめします。

 

チェーン店は、他店移動でますます値引き販売はなくなる?

じゃあ、文房具はどうだという事なのですが、一部、問屋に返品できるものもあります。しかし、文房具は基本的に買い切りなので、値引き販売対象と思いきや、同チェーン店に振り分けて商品の移動をします。ボールペンリフィル1本、消しゴム1個でも無駄にしません。

 

まとめ

一部値引きして販売しているものもあります。すぐ売り切れてしまいます。マメに店頭に足を運ぶしかなさそうです。

以上たぶん知ってったかと思いますが。書店閉店でも安売りセールがほとんど無いわけ・・・残念。でした。

最後まで閲覧ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

記事内



関連記事アドセンス



-書店員の独り言