文教堂ファンⅢ 

ランキング、雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIREなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

元書店員の独り言

最低賃金東京 神奈川1000円突破で書店の閉店はもっと増える

スマホ タブレット パソコン等ネット環境すべてのデバイスで閲覧できます

厚生労働省の中央最低賃金審議会の小委員会で全国平均で900円を突破しました

東京都と神奈川県が初めて1000円を突破しました

限られた人件費でどうやり繰りするか悩みます

もう書店経営は限界まで来ています

閉店か倒産かしかないのか?

実際の書店運営の現実を紹介したいと思います

書店で時給1000円以上は社員同等の働きをしないと出せない

東京都と神奈川県で最低賃金が時給1000円オーバーになりました

現在でもベテランと言われているアルバイト パートはこれぐらいになっていると思います

それが新人で入ってきた時から時給1000円からだからたまったもんじゃありません

 

現に900円後半の時給の場合1000円オーバーに上げなくてはいけません

しかし現時点で新しい最低時給以上をもらっている方で時給が上がる方は少ないと思います

へたしたら正社員より収入が多いアルバイト パートも多いと思います

 

アルバイト パートも週20時間以上働く方は社会保険加入が義務になってしまします

実際店長は本社より週20時間以下にするシフトにするよう指示が出るところは少なくありません

以前は時給1000円以上もらえるのは正社員無しでも店舗運営ができるレベルでした

 

しかし新人から時給1000円でそこそこのレベルだとベテランの方は納得いきません

職場によってはもっとパワハラが起こるような気がしてしまいます

それでもって時給1000円のバイトがすぐ辞めます

 

またアルバイトが集まらないから時給がどんどん上がっていく

ベテランは納得しない・・・

の繰り返しだと思います

 

最近はかなり人手不足です

売り手市場になってるからここがダメなら・・・

他に行ったほうがいいやになります

 

もうこうなったら文句の言うベテランを切るというのもありだと思います

新人に高い時給を支給して文句を言うようなら荒治療ですが辞めてもらうしかありません

 

閉店時間を繰り上げる書店が増えた

今現在各書店が利益を出すことに行ってる事は?

  • 売上を上げる※これがないと始まらない
  • 24時間営業をやめた
  • 24時閉店だった店舗が22時や23時閉店になった
  • スタッフの出勤時間を開店時間の5分前
  • アルバイトだけの店舗
  • 昇給なし
  • レジ内にタイムカードがありダラダラ残業の排除
  • 通勤費が高額になるので遠方の方は雇わない
  • 余分な本を発注せず自動発注にまかせる
  • 社員割引がなくなった
  • 仕入れを減らす
  • 棚卸が年2回から1回になった
  • 返品率を下げる
  • 時間帯によってはワンオペ
  • エアコンの設定は夏低すぎず 冬高すぎず
  • 店内の蛍光灯を間引く
  • 店内の床の業者清掃をやめるか何か月かに1回
  • テナントのスペース縮小で家賃の節約

たぶんこのリストの8割くらいはどこの書店でもやってると思います

もう限界まできています

 

私が書店に勤務していた時は万引きが多かったこと年間100万円以上はされていると思います

最近は転売が横行していて困ったもんです

あとは書店が同じ地区にそんなに数いらない事が予測されます

それは本の問屋の大手 ニッパンとトーハンがあるかぎり無理かもしれません

 

まとめ

時給が上がるのはうれしいです

しかし今はバブルではありません

収入は?・・・

出勤日数や時間を短縮されあまり変わらないと思います

最後まで閲覧ありがとうございました

リンクユニット




関連記事

次の記事はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加

-元書店員の独り言