文教堂ファンⅢ 

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

元書店員の独り言

書店での本のラッピングもちろん文教堂でも承ってます。誕生日 クリスマスOK!

2017/12/23

お疲れ様ですヒガシクワンです。今回は、書店でラッピングはやってくれるの?です。もちろん出来ます。誕生日、クリスマスなどバッチリです。やっぱりクリスマスの時期がいちばん多いです。店舗によっては袋タイプもございます。デコボコしたものは、ちょっとテクニックが必要なので、お時間いただく場合があります。

もちろん無料です。通常のプレゼント&クリスマス用ございます。

ラッピング用紙は、通常プレゼント用2種類以上、クリスマス用2種類以上ございます。お好きな柄をお選びいただけます。

自分でやりたい方はスタッフに相談してください。

購入した本以外も、一緒にプレゼントしたい場合あります。その場合は、ラッピング用紙を無料で、差し上げます。詳細は、スタッフまでお願いします。

申し訳ございません。混んでる時は、お待たせする場合があります。

クリスマスラッピング12月23日、24日は、ラッピング要員をそろえておりますが、毎年混雑いたします。少々お待たせ頂く場合があります。お名前をお聞きしたり、整理番号をお渡しいたします。(店舗にもよる)

 

スタッフが一番ラッピングしやすい本のサイズは、一般文芸のハードカバーです。一番テクニックが必要なのは、立体型の絵本のどです。通常のキャラメル包みでは、すごく難しいです。

まとめ

レジでお会計の時に、包装お願いしますと言っていただければOKです。お気軽に声かけて下さい。

以上書店での本のラッピングもちろん文教堂でも承ってます。誕生日 クリスマスOK!でした。

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

リンクユニット




関連記事アドセンス

関連記事はこちら


-元書店員の独り言