文教堂ファンⅢ 

バス釣り、宅建士資格、ランキング、雑誌(付録)、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIREなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

読書感想文

「キャパとゲルダ:ふたりの戦場カメラマン」を読んであらすじ読書感想文を簡単に書いてみました

令和2年 2020年 第66回青少年読書感想文全国コンクール「キャパとゲルダ:ふたりの戦場カメラマン」を読んであらすじ感想文を簡単に書いみました。

高等学校の部になります。

夏休みの宿題ですが、事前に始めても大丈夫です。

夏休みに空いた時間は自由研究などに集中するといいと思います。

コピーをしないで自分の力で書いてみましょう。

「キャパとゲルダ:ふたりの戦場カメラマン」あらすじ

Amazonより抜粋

生きるために―ふたりは戦場へ向かった。激動の1930年代、

続きを読む

キャパとゲルダ:ふたりの戦場カメラマン」読書感想文

戦場カメラマンという仕事は常に危険と隣り合わせです。

好きだけじゃ出来ません。

私が行かなくて・・・と使命感を感じます。

 

昔、テレビで戦場の映像を流していました。

一人カメラマンが撃たれ、それでももう一人のカメラマンは撮り続けていた映像でした。

普通助けに行くだろとツッコミたくなりますが、そこは戦場 ガチ本気でした。

 

戦場に行ってお亡くなりになるカメラマンもいます。

カメラマンは攻撃しないと言うルールとかもあるみたいですが、完全に守られているわけではありません。

彼らはみんなに「世界ではこんなことが行われている」というメッセ―ジを送り続けるメッセンジャーだと思います。

 

 

まとめ

  • 夏休み前でも読書感想文を始めてOK
  • 夏休みは自由研究や自分が好きな事をする
  • コピーは絶対しない

キャパとゲルダをネット書店で購入するには?

楽天ブックス アマゾン セブンネット honto  紀伊國屋書店い購入できます。

関連記事

関連記事

-読書感想文