冬のバス釣りテトラポイント

霞ヶ浦水系バス釣り専門店ブログ動画

冬の霞ヶ浦水系テトラ波消(消波)ブロック人気ポイント

2021/10/30

冬になるとブラックバスは釣れない?

冬のバスは食わない?

春のプリスポーニングまで待ったほうがいいか?

 

冬のバス釣りは難しいと言われています。

深いボトムに移動するのが多いです。

テトラがあるところが水深が深いところが多いです。

 

冬のバスはテトラの奥でじっとしてるパターンが多いです。

霞ヶ浦水系はテトラなどの波消ブロックがあるポイントが多いです。

霞ヶ浦水系で冬のテトラ人気ポイントを紹介したします。

霞ヶ浦水系冬のテトラ人気ポイント

北利根川(潮来市牛堀)

潮来市牛堀地区になります。

超人気ポイントになります。

ルアーメーカーなどの公式動画でも使われるくらい有名なところです。

夏などはトップでも食ってきます。

ここは北斎公園と呼ばれており駐車場&トイレがあるのがうれしいです。

北利根川 牛堀で釣れた動画です。

 

北利根川(潮来市日の出)

東関東自動車道そばになります。

このエリアもテトラが多くボートで狙う方も多いのでバスは多いと思います。

近くの水門なども釣れるポイントです。

 

常陸利根川(神栖市高浜)


一見何もないように見えますが波消ブロックがあります。

常陸利根川の中でもハードボトムポイントになります。

休日はかなり混むポイントです。

 

常陸利根川(神栖市)


常陸利根川高浜エリアからここまでの間にも波消ブロックエリアが何か所かあります。

夏の日中や冬は人気ポイントになります。

鰐川橋


鰐川橋の下付近になります。

潮来市側になります。

波消ブロックエリアが広い範囲であります。

 

鰐川(鹿嶋市)

パチンコ店が目印です。

このエリアもテトラゾーンが多いです。

鹿嶋市になります。

 

鰐川(神栖市)

このポイントは神栖市側い行くとテトラ帯に鹿嶋市側に行くと与田浦みたいな先本杭があります。

このポイントは車を停めるエリアが少ないので迷惑駐車に注意して下さい。

 

横利根川(茨城県東市&千葉県香取市)

年中釣れるポイントです。

テトラいっぱいでかなり深いです。

ヘラブナ釣りに人気なポイントなので近くではやらないほうが良いと思います。

横利根川で釣れたバスです。

テトラのスキマにスピナーベイトを落とし込みフィッシュ!

普通ならラバージグ スモラバ テキサス ダウンショットなどを使うことが多いです。

最近海のロックフィッシュでスピナべがブームらしいのでそこからヒントを得ました。

利根川(千葉県香取市)

とにかくテトラだらけの利根川になります。

その他水門近くも絶好のポイントになります。

 

冬のテトラバス釣りのルアー選び

ワーム系がメインの場合

  • ラバージグ
  • スモラバ
  • テキサスリグ
  • フリーリグ
  • ダウンショット

ラバージグ スモラバはトレーラーとしてワームを使います。

 

テトラでハードルアーを使う場合

  • クランクベイト
  • シャッド
  • メタルバイブ
  • スピナーベイト

クランクベイトやシャッドはリップでテトラを回避できます。

シャッドは止めているときにバイトがある場合が多いです。

メタルバイブやスピナーベイトはテトラのスキマに落とし込んでいく感じです。

メタルバイブをシャクった時の不規則な動きやスピナーベイトのブレイドの回転がバスを寄せる力があります。

 

まとめ

霞ヶ浦水系のバスは冬になると深場のテトラ地帯にいることが多いです。

テトラ以外だと水深が深いポイントがおすすめです。

その他水門が開いて流れがあるところなども良いと思います。

 

冬のバスは通常の時期とくらべると釣れないかと思います。

地域によっては冬が来たらもう春までバス釣りをお休みする方も多いです。

最近の霞ヶ浦水系の場合冬はブラックバスが釣れないのでこの時期だけシーバス釣りに転向する方もいます。

 

寒いので暖かくしてお出かけ下さい。

最後まで閲覧ありがとうございました。

関連記事

-霞ヶ浦水系バス釣り専門店ブログ動画