文教堂ファンⅢ 

バス釣り、宅建士資格、ランキング、雑誌(付録)、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIREなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

元書店員の独り言

出版社で在庫無しと言われたけど手に入れたい本があります

2020/07/02

この会社の同僚が書店店頭で欲しい本があり注文をしました。

客注ノートというものに

  • 出版社
  • 著者
  • タイトル
  • 名前
  • 電話番号

以上を書きました。

 

会社帰りに注文し、連絡は夕方5時以降指定だったので次の日に書店から電話がありました。

「ご注文された本は、問屋 出版社とも品切れとなっており、重版の予定もなく店頭に入荷予定もないのでキャンセルということでよろしいでしょうか?」ということでした。

 

会社の同僚がそのような感じで書店に注文したのですが、残念ですが以上ような解答でした。

ネットで調べると在庫ありとかなってるのに何で?と納得がいかないようでした。

そこで元書店員の私に聞いてきました。

ネットで在庫アリなのに何で近所の書店で手に入らないのかお答えします。

アマゾンドッドコムなら本の在庫ありが多い

大手書店 ネット書店は出版社から出版社 問屋から配本で優遇されています

本のタイトルをスマホやパソコンで検索をすると上位に検索されるのは、Amazon 楽天 が多いと思います。

Amazonや楽天の倉庫又は、出品している書店や個人などです。

Amazonや楽天ブックスはどこから本を仕入れているかというと、普通の書店と同じ問屋から仕入れをしています。

 

例外で直接出版社から仕入れている本もあります。

Amazonや楽天などは、全国各地のお客様に本を発送しています。

要はたくさん売ってくれる書店ということです。

 

たくさん本を売ってくれる書店やネット書店には、ベストセラーや売れ筋本がたくさん入荷します。

あまり売れない書店にたくさん本を配本をしても売り切れるとは限らないためです。

出版社も売れている本はたくさん売りたいので、たくさん重版したいのですがそう簡単ではありません。

 

本というのは、書店に入荷して売れ残ったら問屋を経由して返品をしていいことになっています。

委託期間とも言います。

  • 月刊誌 約2か月
  • 週刊誌 約1か月
  • 書籍  約3か月

このように委託期間というものがあり期間中なら書店から問屋に返品ができます。

 

今売れてる本だからって、たくさん重版をしてしまうと売れ残ってしましったら、全国の書店から本が返品として戻ってきます。

出版社も本の刷部数には、慎重になります。

雑誌の場合は広告の掲載料の問題があります。

書籍の場合は著者への印税の問題があります。

 

新聞広告で「大重版出来!!」とかあってもすべての書店に割り当てがある訳ではありません。

 

本の注文は書店チェーンがおすすめな場合もあり

どうしてもこの本がほしい。

しかし近所の本屋では「出版社 問屋品切れ重版未定なので取り寄せ出来ません」と言われました。

Amazon 楽天にも在庫が無い。

 

そのような場合は、全国チェーンの書店で注文をすると見つかる場合があります。

書店チェーンのほとんどは、同じチェーンの店舗の在庫が調べられます。

自宅から遠くの店舗で在庫があった場合でも、自分が行ける店舗に取り寄せてくれます。

 

私の知る限りでは、honto(ホント)というネット書店スマホアプリで丸善ジュンク堂と文教堂の在庫がわかります。

※hontoスマホアプリのみになります

hontoストア公式ぺ―ジはこちらになります。

 

hontoアプリで在庫があった場合は、お近くの店舗にて本を注文して取り寄せすることができます。

※店舗によってできない場合はご了承下さい。

 

紙の本をあきらめるのもあり

最近は紙の本が出版されると同時に電子版も発売されます。

電子版は、スマホ タブレット パソコンなどで閲覧できます。

ほとんどの本が電子化されています。

Amazonだとkindle

楽天だとKobo

honto

以上で電子版が購入できます。

かさばらなくスマホだといつでもどこでも閲覧できるので便利です。

こちらから電子版の注文ができます。

本は転売ヤーがいっぱいいます

ネットで本を探していると、明らかに定価より高い本があります。

しかも高くなってる本しか無い場合があります。

そのような本は、プレミア本とも言います。

 

書店店頭では手に入りにくく、出版社&問屋で品切れ、重版も未定という本が多いです。

書店で手に入らないので高くてもいいやという方ならアリかと思います。

転売して高く売り抜ける方達を転売ヤーまたはせどらーとも言います。

 

彼らが狙う本は高く売れる本です

  • 初版
  • 初版しか存在しない本
  • 話題の本で重版未定の本
  • 書店で注文すると時間がすごくかかる本

以上のような本は転売化されやすい本です。

逆に言うとこれにあてはまらない場合は中古でも安く売られています。

 

私がおすすめするネット書店

Amazon

会員になってる方多いと思います。

プライム会員なら配達時間の指定などが無料の場合があります。

公式サイトはこちら

https://amzn.to/3dzeFff

 

楽天ブックス

楽天カードは持ってる方多いと思います。

ポイントが貯まりやすいです。

公式サイトはこちら
楽天ブックス

 

honto

,スマホアプリ版だと丸善ジュンク堂 文教堂など全国の店舗の在庫状況がわかります。

なかなか手に入らない本は使ってもいいかもしれません。

honto公式サイトはこちら

書籍と電子書籍のハイブリッド書店【honto】

 

まとめ

  • 普通の書店の場合は、出版社 問屋で品切れ重版未定の本はここで終わり。
  • 大手チェーン店の場合は他の店舗に在庫がある場合があります。
  • ネット書店なら出版社品切れ重版未定でも在庫がある場合が多い。
  • ネットにて定価より高く売られている本はネットや店頭で手に入りにくい本です。
  • 紙の本にこだわりがなければ、今なら電子版でもいいかもしれません。

関連記事

関連記事

-元書店員の独り言
-,