文教堂ファンⅢ 

バス釣りと宅建転職経験と元書店員の読書感想文

トヨタPRIUSブログレビュー

20プリウス新車購入から20万キロまで故障&修理したところ

2021/02/07

お疲れ様ですヒガシクワンです。

いつも閲覧ありがとうございます。

2008年に購入し2020年に20万キロを突破しました。

 

ハイブリッドカー大変燃費いいです。

10万キロ超えの中古車もたくさん出回っています。

メインバッテリーはまだまだ大丈夫のものが多いです。

 

いままで故障や修理、交換したところを紹介します。

これから購入する方のご参考になればと思います。

動画 20(2代目)プリウスを20万キロ乗って故障修理したところ

20万キロプリウス故障&修理したところ

右リアハブベアリング

新車を購入して初回の点検で右リアのハブベアリング交換しました。

その時は毎日片道40キロ通勤していたので1カ月くらいで走行距離は2千キロぐらいでした。

リフトアップしてタイヤを揺らしてみたらガタがあったみたいです。

乗ってる感じでは分かりませんでした。

もちろん新車保障が効いてましたので修理代は無料でした。

 

ウォーターポンプ

その名の通り冷却水を循環させるパーツになります。

エンジン冷却用ではなく、インバーター冷却用のウォーターポンプになります。

プリウスの場合冷却水のリーザーバータンクがエンジン用とインバーター用とあります。

 

最悪は走行不能になるようです。

今回はリコール扱いだったので費用は無料でした。

 

ファンベルト

2回目の車検の時にプーリーに当たる側にひび割れがあったので交換しました。

20プリウスの場合エンジン側のウォーターポンプを駆動させるために使っています。

このベルトが切れるとエンジンのオーバーヒートになります。

 

ちなみに30系のプリウスからはこのベルトがなくなりウォーターポンプはモーターで動かしています。

エンジンルームにベルト類は一切なくなりました。

ファンベルトの交換の費用は工賃コミで5千円くらいでした。

 

ベルトは千円ちょっとなのでほとんどが工賃です。

DIYだと狭いエンジンルームなので苦労すると思います。

プロにまかせたほうが良いと思います。

 

エアフロメーター

走行11万キロ時に発生しました。

エンジンルームのエアクリーナーボックスの下に付いている吸い込んだ空気の量をコンピューターに指令を送るセンサーです。

ここが故障するとエンジンの燃焼室に入る空気とガソリンの量がおかしくなり燃費が悪化したり、排気ガスがクリーンにならなかったりします。

私の場合は黄色のエンジンチェックランプが点灯し、そのままディーラーに駆け込みました。

そのまま走行していても普段と変わりませんでした。

工賃コミで1万5千円ぐらいでした。

 

フロント右ポジションランプ

点検パックでディーラーにオイル交換に行った時に球切れを指摘され交換しました。

T10というサイズになります。

工賃コミで500円でした。

 

自分で交換すればホームセンターで1個100円ぐらいで売っているので安上がりです。

今度は左側が切れると思い帰りにホームセンターしトランクに入れています。

 

リア右テールポジションランプ交換

20プリウスはブレーキランプはLEDですがその他のリアテールポジションランプは普通の電球です。

フロントポジションランプ同様T10タイプを使っています。

夜にライトを点けたまま自販機で買い物をしている時に気が付きました。

以前ホームセンターで買ったバルブを交換して終了。

 

リア左テールポジションランプ交換

この前右が切れたので今回は左という感じでした。

しかし右 左とも交換した時期は11万キロぐらいなので持ちはいいほうだと思います。

アマゾンでバルブを探す

 

ナンバー灯

20プリウスの場合ナンバー灯は2個付いています。

ある日そろそろレクサス風みたいにLEDにしようかなと思い、夜に確認したところ片側が切れていました。

片側のみなのでナンバーが見えない訳じゃなのですぐ切符着られることは無いと思います。

 

しかし車検に通らないなので、予備で持ってたT10タイプに交換しました。

20系はリアハッチの内張りを剥がすのが苦労しました。

30系の場合ナンバー灯だけのフタがあるので簡単です。

 

切れたのは片側でしたがまた内張り剥がすの面倒なので左右交換しました。

LEDは買うと高く寿命も分からないので辞めました。

 

関連記事↓

20プリウスのナンバー灯の交換で内張りをバキバキと剥がしていい?

 

補器バッテリー交換

13万キロの時に補器バッテリーが上がりディーラーにて交換しました。

プリウスの補器バッテリー通常のガソリン車のようにセルモーターを回す訳でなくハイブリッドシステムを作動させるだけなので小型になります。

リアトランクに設置しています。

 

室内設置となりますのでガスを排出させるパイプが付いた特殊なものになりますので少し高額になります。

仕事から自宅に帰り駐車しようとバックしている最中にいきなり車がストップしました。

もう一台の車からバッテリーケーブルをつなぎ再始動できました。

 

翌日にディーラーで交換して工賃込で1万5千円くらいでした。

プリウスの場合Gグレードだとバッテリーも上のランクの大きさになりもちろん高くなります。

アマゾンでバッテリーを調べる

オーディオ スピーカー

12万キロ過ぎたころからリアスピーカーから音が出なくなりました。

しばらくするとフロントスピーカーからも音が出なくなりました。

CD ラジオ関係ないです。

 

現在はツイーターからしか音が出ません。

ボリューム全開にしてかすかに聞こえる程度です。

ディーラーに相談しましたがいろいろバラシてみたけど直りませんでした。

 

自分でヤフオクでデッキだけを買いつなげてみましたが直りませんでした。

社外品も付けられないので諦めました。

最近音楽はスマホやパソコンで聞きます。

 

左サイドミラー

左サイドミラーが12万キロ付近からたためなくなりました。

私が好きなブラックバス釣りでは路肩に駐車することが多いのですが車が通る右側はたためるので放置状態です。

もし左側のミラーをたたむ時は手動になります。

実際は右側しかたたむ機会が無いので修理はしていません。

 

20プリウス故障修理まとめ

  1. 右リアハブベアリング
  2. ウォーターポンプ
  3. ファンベルト
  4. エアフロメーター
  5. 右フロントポジションランプ
  6. 左リアポジションランプ
  7. ナンバー灯
  8. 補器バッテリー
  9. オーディオスピーカー
  10. 左サイドミラー

以上になります。

みなさん安全運転でお願いいたします。

関連記事

-トヨタPRIUSブログレビュー
-