文教堂ファンⅢ

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

記事中アドセンス



書店アルバイトマニュアル

図書カードの操作の仕方 複数枚数でも簡単!

            

お疲れ様ですヒガシクワンです。今回は、よく質問のある図書カードの複数枚数の使い方の説明をしたいと思います。図書カードを何枚も使う場合は、1枚のカードの残高が少ない場合が多いです。よくあるのが、1500円のお買い上げで500円のカード3枚使う場合。10円とか50円とか使いかけのカードが5.6枚ある場合です。

動画 図書カード操作の仕方 複数枚数の場合

 

1か月もやれば慣れますので安心して下さい

よくある質問は、「書店アルバイトに入って2日目です。図書カードの複数枚数を使った場合の操作がわかりません」というパターンです。

私としては、試用期間1カ月で覚えれば大丈夫なのでは、と思います。

1500円のお買い上げで、図書カード2枚を使った動画あります。

  1. カードを入れる
  2. 残高が表示されます。動画の中では1000円
  3. 売上金額の1500円を入力し引き落としを押します。
  4. カードが排出されます。不足分が表示されます。
  5. 次のカードを入れ引き落としを押します。
  6. カードが排出され図書カードのレシートがでます。
  7. レジで画面の左のほうにある図書カードを押します。
  8. 図書カードで引き落とした金額を入力(今回は1500)
  9. OKを押す
  10. 小計を押してレジのレシートが出る
  11. レジのレシート、図書カードのレシート、残高が残ったカードをお渡しします。
  12. 残高が0の場合は、「こちらで処分でよろしいですか?とお聞きしたほうがいいです」

図書カードでも、クオカードでも、最初に端末機に入力する金額は、レジでの合計金額になります。そうすることにより、端末機側で不足分が表示されるシステムになっています。

図書カードの場合は、金額を入力して右下の引き落としですが、クオカードの場合の引き落としボタンは、画面の下のF1からF4のボタンです。(1レジ~4レジという意味らしい)

まとめ

書店アルバイトに応募していただきありがとうございます。

図書カードの作業は、何回もこなして自然に覚えればいいと思います。怖い先輩がいて聞きずらい場合は、「こうでしたっけ?」という感じで聞けばいいと思います。

以上図書カードの操作の仕方 複数枚数でも簡単!でした。

最後まで閲覧ありがとうございました。

            

関連記事アドセンス



-書店アルバイトマニュアル