文教堂ファンⅢ 

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

記事内18



レクタングル大18




PRIUS

20万キロオーバー20プリウスは中古車でコスパ高い!

2018/03/21

お疲れ様ですヒガシクワンです。会社で毎日20プリウス乗ってます。しかも、走行距離が26万キロオーバーしています。燃費も特に低燃費走行している訳ではないですが、リッター当たり20キロオーバーしています。現行の50プリウスを買うよりコストパフォーマンスは高いです。余ったお金でビットコインと言いたいが、今回は、株でも買ったほうがいいかも!

駆動用バッテリーの寿命は無いのか?

マイプリウスより10万キロも多いのに絶好調です。もはや「当たり」なのか?

 

特に低燃費走行してる訳じゃないのに、リッター21キロ走っています。距離も501キロ走っていますが、燃料計は半分までいってません。今日は気温10度で暖房をつけているのにいい数字が出ていると思います。

 

20プリウス コスパ高いです。

現在カーセンサーで、(2018年3月現在)14万から90万円!カーセンサー 10万キロオーバーで20万円くらいで買えるから、お買い得です。コンスタントにリッター20キロ走ります。現行の50プリウスでも、実燃費26キロ前後です。新車だと乗り出し300万以上かかるので、10/1の金額で、燃費は、現行型よりちょっと落ちるくらいなので、コスパ高いです。

 

故障が心配?

社用車のプリウスは、車検の時に、何回かに1回補器バッテリー交換と、ベルト1本交換、しかしていません。なんと、26万キロ走っているのに、ブレーキパッドも換えていません。マイプリウスも、16万キロ走っていますが、ブレーキパッドは、まだ半分以上残っています。

社用車は無交換ですが、マイプリウスは、12万キロ時にエアフロメーターを交換しました、部品、工賃で1万5千円くらいでした。これくらいです。

まとめ

20プリウスにとって10万キロは通過点にすぎません。まだまだいけます。

以上20万キロオーバー20プリウスは中古車でコスパ高い!でした。

最後まで閲覧ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事アドセンス

よく読まれている記事です


-PRIUS