文教堂ファンⅢ 

ランキング、雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIREなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

書店アルバイトマニュアル

新聞広告の本が店頭に無い!?今日の新刊とは限らない!?

今日の新聞だから今日の新刊だろ!。とよく言われます。

たしかに間違いではありません。

新聞の下段の広告欄には出版社の広告が多いです。

 

新聞の切り抜きを持って書店に行くと・・。

申し訳ありません。ただいま品切れになっております

お取り寄せになりますがよろしいでしょうか?

 

各出版社によって広告の出し方が異なります。

新聞広告に掲載される本=今日発売の新刊とは限らない

出版社が新聞広告の下段に広告を出す時は以下の通りです。

本当に本日発売

月刊誌や週刊誌の広告はその日に発売されています。

文庫本 新書本のように出版社によって発売日が毎月決まっているもの。

大物作家の新作本は広告が出た時に発売されてる場合が多いです。

 

ベストセラーの本でランキングに入るくらい売れていて重版分ができた。

発売は1週間前や2週間前に出た本で全国各書店でランキング入ってる本。

全国書店で品切れになっており重版分ができ、各書店に配本された時。

 

テレビで紹介された本

発売は最近じゃないけど、テレビで紹介されて話題になった本。

テレビ、映画など映像化された原作本。

 

ロングセラーで売れてる本

そんなに新刊が多い出版社ではないが、ロングで売れてる本がある。

10年前に発売された本でも、月1回くらい同じ広告を出している。

健康系の書籍が多いです。

 

何で書店に在庫が無いのか?

売り切れになった

本は入荷したけど少ない冊数なので速攻で売り切れた。

発売前に予約がたくさん入り店頭用がない。

広告掲載が、発売日以降の場合、それまでに売り切れた。

 

新刊の配本が無かった

その日に発売する本がすべてが書店に入荷するわけではありません。

一部出版社を除いて問屋(ニッパン&トーハンなど)が各書店への配本数を決めます。

問屋はある程度の各書店の規模や売上を知っています。

 

売れてる書店には多く、売れない書店には少なく配本をしています。

初版が少ない本は配本無しというのも多いです。

お客さんにとっては凄くメジャーな本でも世間一般的にマイナーな本はとことん初版が少ないです。

 

某有名出版社は、新刊の広告を1タイトルで新聞下段1面に掲載するが、実際は刷り部数は超少なく、反響によって重版部数を決めているところもあります。この場合は、書店に行っても入荷が無い店舗が多く、初版は手に入りにくい。

 

この前テレビで紹介されていた本が10日後に発売すると分かっていて、自分の店舗では100冊~200冊は売れる見込んでも、普段からあまり売れていない書店には配本が少ないシステムになっています。

 

予約分の1.2冊ぐらいなら、問屋のほうで何とかしてくれる場合はありますが、店頭用でドカンと新刊が欲しい場合は、都市部の有名書店しか受け付けてくれません。

 

新刊本が確実に欲しい場合はどうする?

  • 都市部の大きい書店で予約&購入をする。
  • 有名チェーン店で予約&購入する。
  • アマゾンや楽天で予約&購入する。

※大手書店&チェーン店でも入荷が無いものはかなりあります。

確実に手に入れるためには予約が必要です。

 

まとめ

  • 新聞広告に載った本はすべて今日発売の新刊とは限らない。
  • 新聞広告に載った本すべてが書店に入荷している訳ではない。
  • 新聞広告に載った本でも店頭ですぐに売り切れになり在庫無しの場合がある。
  • テレビで話題になった本でも、重版分が少なく店頭品切れの場合がある。

アマゾンでベストセラーを調べる

楽天ブックスでベストセラーを調べる

次にお勧め記事↓
今日発売の本が書店に無い理由

 

リンクユニット




関連記事

よく読まれている関連記事


-書店アルバイトマニュアル