文教堂ファンⅢ 

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

読書感想文

中学校夏休み宿題、「人権ポスター」簡単に書いてみました。

2018/11/06

人権に関する事はたくさんある?!

人権ポスター簡単な書き方!

今回は、夏休み宿題 中学校 人権ポスターを簡単に書いてみました。

人権ポスターでググってみると、イジメ、クラス仲良し、世界平和みたいなことが多いです。

中学生に限らず、小学校でも夏休みの宿題になってるみたいです。久々に4つ切り画用紙で書きました。

学校によっては冬休みの宿題になる場合もあります。

「個性なくなるで!」

今回の人権ポスターを書く時ふと思いだした記事があります。雑誌ビッグトゥモロー8月号でジミー大西氏のインタビュー記事がありました。ジミー大西氏が売れていない頃、明石家さんま氏にお世話になってたらしい。その時ジミー大西氏が明石家さんま氏に、「絵を描きたいから、誰か先生に習いたい」と言ったそうです。

すると明石家さんま氏は「個性なくなるで」とジミー大西氏に言ったらしいです。又は、「それはもう、お前の絵じゃない」とバッサリ切ったそうです。明石家さんま氏のこのコメントにショックを受けました。頂点極めた、明石家さんま氏の熱い言葉でした。

中学生のあなたも、個性を発揮して、人権ポスターを書きましょう!。
うまい、へたは関係ない!
それは、個性だ!

線が生きている

美術は大好きな授業でした。高校の時の先生が私の事をたくさんほめてくれました。デッサンの授業でわたしが適当に書いたものを先生は「線が生きている」などみんなに対してもいいところをほめていました。

同級生が書いた私からみて下手そうな絵でも「こことここがいい」などほめていました。退屈な授業でも先生はそのようにしてみんなのモチベーションを上げていたのかもしれませんが・・・。

まとめ

夏休みも宿題もたくさんあって大変です。ぜひがんばってください。
以上「中学校夏休み宿題、「人権ポスター」簡単に書いてみました。」でした。

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

リンクユニット




関連記事アドセンス

関連記事はこちら


-読書感想文