文教堂ファンⅢ

雑誌(付録)、コミック、ムック本、新書、ビジネス書、絵本などの売れ筋情報はもちろん、実際に本を読んでのあらすじや感想文などを書店目線で書き綴っていきたいと思います。また書店業界の裏事情、趣味の自動車(PRIUSやVELLFIRなど)記事、動画やライフハック等の記事を様々な角度から提供するブログです。

PRIUS

20プリウスを仕事でも使う。もうこれは運命!

お疲れ様ですヒガシクワンです。今回は、私が仕事でも使用しているプリウスを紹介します。通勤で20プリウス後期のブラックを乗ってます。なんと営業車は20プリウス前期のホワイトを乗ってます。もうこれは運命だと思います。プリウスの営業車は、まだ2回くらいしか乗っていません。前期と後期で気が付いたことをレビューしたいと思います。

前期のほうが静かなような気がする

キーを差して(スマートキーじゃない)パワーボタンを押し、プリウスを始動。ここまでは、私のマイプリウスと一緒です。アクセルを踏みエンジンがかかった状態ですが、何か私のプリウスよりロードノイズが小さく静かな感じがします。

装着タイヤはブリヂストンのネクストリです。転がり抵抗がAなのに私のヨコハマブルーアースのAAより転がりが良く乗り心地がいいような気がします。お互いスタンダードタイヤなので、パターンノイズは差が無いはずです。

休憩時間の時に、フロアマットをめくってみると、私の後期型20プリウスより前期型のほうが、足元がちょっと盛り上がってるような気がしました。もしかしたら、足元の吸音材が前期モデルのほうがたくさん入っているのかもしれません。(不明)

内装は後期型の勝ち

20プリウス前期の内装は、ドア、ダッシュボードといかにもプラスティック丸出しです。後期型は、シボ加工されてちょと質感がいいです。

前期型は電波時計だった!

調整も無く便利な電波時計が前期に付いてました。後期型ではコストダウンか?普通のデジタル時計です。

まとめ

ネットでも前期、後期の違いが載ってますが、すこしずつ紹介していきたいと思います。

以上20プリウスを仕事でも使う。もうこれは運命!でした。

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

記事内18



関連記事アドセンス



-PRIUS