文教堂ファンⅢ 

バス釣りと宅建転職経験と元書店員の読書感想文

読書感想文

「おいで、アラスカ!」を読んであらすじ読書感想文を簡単に書いてみました

2021/07/20

2021年 第67回青少年読書感想文全国コンクール「おいで、アラスカ!」を読んであらすじ感想文を簡単に書いてみました。

小学校高学年の部になります。

小学5年生 6年生が対象です。

 

夏休みの宿題ですが、事前に始めても大丈夫です。

夏休みに空いた時間は自由研究などに集中するといいと思います。

コピーをしないで自分の力で書いてみましょう。

 

Amazon 楽天で課題図書をすぐに取り寄せできます!

「おいで、アラスカ!」読書感想文

てんかんの発作があるスフェンはすごく大変だと思います。

てんかんはケイレンみたいな病気です。

現在てんかんの病を持ってる方は運転免許を取得することが出来ません。

 

子どもの頃になった方は子どもの間で完治する場合が多いです。

しかし大人になってからのてんかんはなかなか治らないらしいです。

もし運転中にてんかんの発作が起きて意識がなくなると・・・・。

大事故になる可能性があります。

 

介助犬のアラスカについて「介助犬?」と思いました。

分からなかったのグーグル先生に聞きました。

 

介助犬とは「手や足に障がいのある方の手助けをするために特別な訓練を積んだのこと」らしいです。

盲導犬に似ていますが少し役割が違います。

両方とも人間にとって役に立つ犬だと思います。

 

SNSの使い方などはちょっと考えさせられるなかと思いました。

おいで、アラスカ! あらすじ

いつ起こるかわからない。
いまこの一秒になにもなくても、次の一秒になにか起こるかもしれない。
じゃなかったら、そのまた次の一秒に。

続きを読む

まとめ

  • 夏休み前でも読書感想文を始めてOK
  • 夏休みは自由研究や自分が好きな事をする
  • コピーは絶対しない

Amazon 楽天でおいで、アラスカを調べる

 

他の課題図書を調べる

課題図書決定!第67回読書感想文全国コンクールおすすめ一覧

 

 

 

関連記事

-読書感想文